忍者ブログ

en

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメミライ2013

■アルヴ・レズル
原作付で元々はOVA企画であったものをアニメミライ作品として組み込んだ作品
アニメミライの要綱をブッ飛ばしたかなり特殊な作品であるため一番槍玉にあげられる可哀想な作品である
しかしそういった状況の中にありながら4作品の中で一番出来が良かったのはよく頑張ったと言いたい
25分作品として見た場合実際に売りに出せるのは4作品の中ではアルヴ・レズルだけであり(というか実際に商品として出ている)
他のははっきり言うと没である
文章・説明過多なライトノベル特有の原作を自らアニメ用にリファインした原作者、更にその脚本の意図をよく読み演出技法の巧拙はあれど映像として起したよしお監督
この双方の頑張りは素直に褒めたい
アニメミライの中では異端である作品ではあるが若手が試行錯誤をして世に出す一つの作品として質を高めたと考えれば
本来のアニメ業界の若手育成の面で捉えれば非常に意義があるものだと思える

■龍 -RYO-
ある程度歴史に精通しておけば本作で起こる出来事を理解するに足りるだろうと思われるが
主人公であるRYOがおそらく架空の人物であるので史実を追うだけではこの作品の全容を把握できない
そうなるとやはりキャラの掘り下げが必要だということでおおよそ25分の作品としては評価不能
いわば長いプロモーション映像を見せられたといった感じで
これを足掛かりにテレビシリーズに繋げればいいなあという思惑が透けて見えてしまった(没企画?)
何とも情けない話で「アニメミライ」と冠した作品にも関わらずアニメ業界の斜陽っぷりを感じさせる作品
アニメーター育成という観点からはいいかもしれないが本当にそれでいいのか

■デスビリヤード
終始疑問符が付きまとって話にまったく入り込む余地がなかった
猫物語でも感じた作者の行かせたい方行かせたい方に強引に方向転換する作品で(まるでクレイジータクシー)
何故そんなこと言うのか、何故そんな行動に出るのかというのが解消されないままどんどん話が進む
この手の心理描写を扱った作品で視聴者と登場人物との距離が離れてしまうのは致命的だ
なんか最後に何か宣ってた気がするが本当に何を言っていたのか覚えていない
あいつらなんでビリヤードしてたんだ?ぽかーんで終わる
演出・作画は4作品の中でもかなりいい出来だっただけに勿体ない
脚本が駄目だと何もかも駄目になると痛感する作品であった

■リトルウィッチアカデミア
テンプレにテンプレを重ねて定跡からなに一つ外れず何一つ捻りもなく視聴者の想定に完全に収まる話
見たことない人が適当にどうせこういう作品でしょ?と言ったとしても高確率ではい、そうですと言わざるを得ないような見なくても把握できる内容
果たしてそういう作品が視聴者の欲求を満たせるかと言われれば甚だ疑問で(某ロスカットさんの盛り上がりに欠けるという感想ははっきり言ってもっともだ)
2013にもなってこのような創意工夫ゼロのお話が出てくることに正直驚く、あまつさえこれが世間一般で一番評価が高いというのだから呆れてものも言えない
そういった指摘をすると王道だから良いのだと言われるが、いわゆる王道と呼ばれる作品群でも必ずその作品を特徴づける個性的な部分が見られるはずだ
それが無ければ作品としての価値を見い出せずとりわけ見なくてもいい作品になってしまう(アルマゲドン2009)
小学生のお遊戯会ならよくがんばりましたねーと褒めるところだが吉成さんあんた40越えてこんなのやりたかったの?
ただそれはPVを見た時点でありありと予想できていたわけで何故今更殊更に文句を言っているかというと
この作品としての価値を見い出せる要素が実はあったのだ
日本のアニメには見られない色彩感覚と等身を低くしディテールを廃しながらも萌えとエロをそこはかとなく残したリビドーを感じさせられるキャラクターデザイン
この吉成独特のビジュアルに作品の10割方を傾けられれば一発逆転あると思っていたので期待してしまったのだ
しかしこのありさまである
本編では予想に反して平易なレイアウトやそれを補うPANなどかなり古風な言ってしまえば手抜きとも取れる演出で構成されていて、ビジュアルを魅力的に見せることが主眼が置かれていなかったのだ
その代わりと言ってはなんだがアニメーションそのものは非常に手が込んでありまあよく動かしていた
しかしそれがまたそこはかとなく残っていた萌えやエロスまでかき消すことになるとは何たる皮肉か
作中でそういったものを感じさせられるシーンがベッドで3人が話してるシーンだけであった
要するに自分の中でリトルウィッチアカデミアという作品は早々に終了してしまったのである
よくよく考えれば吉成の志向がそっちに向いていると最初に気づかなかった自分が悪いのだが
他3作品よりリトルウィッチアカデミアだけに厳しくなってしまうのはそれだけ期待していたということだ(4作品の中ではデスビリヤードが断トツのゴミなので一応安心して欲しい)
それだけに残念で仕方がない

■まとめ
どの作品も一長一短ではあるが一つ同じことが言えるのが本職の脚本家が書いた作品がないという事(RYOだけは連名でいたが)
特に普段文芸に携わらないスタッフの書いた脚本が(個人的に)軒並み低評価であったことを考えると
アニメの分業化は大変理にかなってる制度でありアニメーターだけ育成しても何も意味がないことが分かる
脚本家、演出家を育てられなければミライなんてないよと作品をもってして指し示してくれたと考えれば意義のある企画だと言えるのではないだろうか

拍手[4回]

PR

千年戦争アイギス オンラインゲーム